トップページ » ... » 「知識ベース」について

「知識ベース」について

計画の背景

  電子情報通信学会は,担当する分野における知識を体系化して保持・記録し,これを様々な活用に供する任務を担っている.これまではハンドブック出版,教科書出版そして単行本出版を通じてこれを果たしてきた.
  ハンドブックの出版では,電子情報通信技術の進歩と分野の広がりにより,総合版ハンドブックは版を改めるに従って膨大なものとなり,昭和63年3月に発行された現在の総合版ハンドブック「電子情報通信ハンドブック」は,3300ページに及ぶ大部なものとなっている.このため,全分野をカバーする総合版ハンドブックとは別に学会として先端を維持する重要分野については「情報セキュリティハンドブック」など部門別ハンドブックを発行している.また,平成10年11月にはエンサイクロペディア版として従来の総合版とは異なる性格の「エンサイクロペディア電子情報通信ハンドブック」が発行されている.
  一方,近年におけるITの進歩は,データベース検索機能など,従来は困難であった知識活用を可能にした.総合版ハンドブックの電子化は,上記の学会の任務を果たすためにも,また,会員サービスや社会貢献をより充実させるためにも,今後の方向であると考えられる. 合版ハンドブックの電子化は,上記の学会の任務を果たすためにも,また,会員サービスや社会貢献をより充実させるためにも,今後の方向であると考えられる.

知識ベースの趣旨

  ハンドブック幹事会では,総合版ハンドブックの電子化について,ソサイエティや研究専門委員会の協力を得ながら,モデルケースの検討も含めて慎重に審議を行い,次の方針で進めることとした.
  学会におけるこれまでのハンドブック出版事業には,1) 担当分野の知識の体系化を学会の責任において行うこと,2) これを会員サービス並びに社会貢献の観点から然かるべき媒体により公表すること,の二つの役割が一体化されていたが,電子版ではこれを分離することが可能である.
  まずは,知識の体系化,すなわち「知識ベース(Knowledge base)の構築」を学会の事業として行う.知識ベースが整備されていれば,その一部あるいはすべてを適切な媒体で公表することが可能になる.その公表は必ずしもWebに限ることなく,必要に応じてこれまでの紙版の出版も含めて,その時点でのビジネスモデルに基づいて行ことになる.またWebで公開する場合も,その時点での最新技術を活用することができる.
  更に,知識ベースの構築とその公表の方法を分離することにより,公表形態に制約されることなく,知識ベースの柔軟な更新(メンテナンス)も可能になる.知識ベースの運営が順調に推移し,その利用実績が挙がった暁には,その収入の一部を学会にフィードバックさせることも,夢ではない.いずれにせよ,このような知識ベースの構築と運営は,会員への新しいサービス提供による学会活性化と社会貢献に資することに最も重要な意義があると考える. 

内容の範囲

  1. 上記のような趣旨を実現するため,知識ベースの内容範囲は,電子情報通信学会が担当する技術分野を広く網羅するものとする.
  2. 電子・情報・通信の各分野の基礎から始めて,要素技術,システム技術,応用技術,運用技術,社会とのかかわりなど,現在の技術を中心に必要に応じて過去・未来も含めて解説する.
  3. 数学的準備や標準化動向も収録する.
  4. 他分野との境界が必ずしもはっきりしない場合は,知識ベースの性格上,多少の重複があってもその編が読みやすくなる方を優先する. 

内容の程度

  1. 電子情報通信分野の応用の広がりを考慮して,電子情報通信の各分野の専門家のみならず,専門外分野の人や一般の人が利用しても,電子情報通信にかかわる各分野の基本的な概念を把握できるように記述する.
  2. 同時に,電子情報通信各分野の専門家に対しても,関連する基本技術から最先端技術まで包括的に情報を提供し,ハンドブック・データブック的な価値を持つようにする.
  3. 基礎・基本事項を中心に解説するが,製品ベースでの解説も,利用者の観点から必要であれば掲載してもよい.
  4. まとめてあると便利な表や図,式を積極的に掲載する.
  5. 電子情報通信学会のハンドブックの重要な役割の一つとして用語の確立があり,本知識ベースの執筆においても,先端技術分野における用語の標準的使用法の明確化を積極的に進めるとともに,索引用語としても引用し,利用者の利便に供することとする.  

知識ベースの内容構成

知識ベースは下記の18群,全140編となっており,編内は,章/節/項の構成である.

S1群 情報環境とメディア(全9編)
S2群 ナノ・量子・バイオ(全7編)
S3群 脳・知能・人間(全11編)
S4群 宇宙・環境・社会(全6編)

1群 信号・システム(全12編)
2群 画像・音・言語(全12編)
3群 コンピュータネットワーク(全7編)
4群 モバイル・無線(全6編)
5群 通信・放送(全10編)
6群 コンピュータ- 基礎理論とハードウェア(全7編)
7群 コンピュータ- ソフトウェア(全7編)
8群 情報入出力・記録装置と電源(全5編)
9群 電子材料・デバイス(全10編)
10群 集積回路(全9編)
11群 社会情報システム(全9編)
12群 電子情報通信基礎(全6編)
13群 標準・知財・法規(全3編)
14群 歴史・年表・資料(全4編)

知識ベースの委員会構成

  知識ベースは図のような体制で構築する.
  → 編集委員一覧

検索

 
ヘルプ
       電子情報通信学会会員の方はβ版をご覧に
       なれます.β版はこちらからお入りください.
新規β版公開中の一覧です.

   ・S1群 通信・放送・インターネットの融合
   ・S2群 バイオインフォマティックス
   ・S2群 ナノ光エレクトロニクス
   ・S3群 人工知能と学習
   ・S4群 安全・安心・安定
   ・1群 情報理論
   ・1群 システム制御
   ・1群 回路理論
   ・2群 画像処理
   ・2群 3次元画像
   ・2群 自然言語処理
   ・4群 コグニティブ無線
   ・4群 無線LAN,無線アクセス,近距離ワイヤレス
   ・5群 衛星通信
   ・6群 コンピュータアーキテクチャ(I)標準的
   ・7群 分散協調とエージェント
   ・7群 データベース
   ・8群 バッテリー・電源
   ・8群 センシングとインタラクション
   ・9群 センサ・弾性波・機構デバイス
   ・9群 受動・機能光デバイス
   ・9群 電子デバイス
   ・9群 発光・受光デバイス
   ・9群 真空・低温・強磁場技術
   ・10群 アナログLSI
   ・10群 新概念集積回路
   ・12群 力学・電磁気学
   ・12群 統計・確率
   ・14群 電子情報通信関連団体




 知識ベースのなかから適切なテーマを選りすぐって企画されたものです.内容に関しては新規執筆も含めて,より分かりやすく再編集されています.いわば学会の知の結晶を,皆様により充実した形でお届けするものです.
 本シリーズを通じて,電子情報通信の最先端分野の面白さを堪能していただければ幸いです.

企画代表 原島 博「刊行のことば」より



感覚・知覚・認知の基礎
乾 敏郎 監修

→詳細はこちら

医療情報システム
黒田 知宏 監修

→詳細はこちら

画像入力とカメラ
寺西 信一 監修

→詳細はこちら

宇宙太陽発電
篠原 真毅 監修

→詳細はこちら

電子システムの電磁ノイズ −評価と対策−
井上 浩 監修

→詳細はこちら

マイクロ波伝送・回路デバイスの基礎
橋本 修 監修

→詳細はこちら

将来ネットワーク技術 −次世代から新世代へ−
浅見 徹 監修

→詳細はこちら

ネットワークセキュリティ
佐々木 良一 監修

→詳細はこちら

無線通信の基礎技術
−ディジタル化からブロードバンド化へ−
村瀬 淳 監修

→詳細はこちら


△ページトップ